「ウソだろ」「なんでだ!?」と口を揃えて驚く特徴が、日本の1円硬貨にはある!?

1円硬貨を作るのに、コストは額面以上なんだってー!

日本はなぜ、そこまでして1円硬貨を作るの?

不思議の国、ジャパン。

海外の掲示板『reddit』で、

日本の硬貨にまつわる話題が注目を集めています。

ユーザーのほとんどが「ウソだろ」

「なんでだ!?」と口を揃えて驚く特徴が、

日本の1円硬貨にはあるというのです。

その特徴というのが、コチラ!!

水に浮く

そこで、本当に浮くのかどうか試してみたところ…。


本当だった!!

1円玉はなぜ水に浮くのか?

1円玉は非常に軽いといっても金属であり、比重の点から考えれば、水に浮かぶことはありません。

事実、水を入れた容器に無造作に1円玉を入れると、沈んでしまいます。
しかし1円玉を水面に対して平らになるように静かに置くと、浮かべることができます。

まずガラス容器に水を入れてみましょう。水は表面張力の力で液面を最小にしようとしますから、水面は水平になります。

(厳密には縁のほうでは水平になっていません。)
水面は下図の濃い青の線になります。

まずガラス容器に水を入れてみましょう。水は表面張力の力で液面を最小にしようとしますから、水面は水平になります。

ここで、1円玉を水平にかつ静かに水面に置くと、 1円玉の重量が加わるため、水面は下図のようにへこんでしまいます。

ここで、1円玉を水平にかつ静かに水面に置くと、 1円玉の重量が加わるため、水面は下図のようにへこんでしまいます。

ここで注意したいのは、1円玉の表面が「水にぬれにくい」ということです。
1円玉が水にぬれやすいと、たちまち水に囲まれて沈んでしまいます。
(アルミニウム自体は水をはじく性質はありませんが、アルミニウムの表面は空気中ですぐに酸化皮膜を形成してしまい、この酸化皮膜がある程度水をはじいています。)

ここでは下図のように

「水面の表面張力(その面積を小さくしようとする力)+水による浮力」と「1円玉の重量(1円玉にかかる重力)」

がつり合っている状態になり、1円玉は水面で浮いていられるわけです。

「水面の表面張力(その面積を小さくしようとする力)+水による浮力」と「1円玉の重量(1円玉にかかる重力)」がつり合っている状態になり、1円玉は水面で浮いていられるわけです。
なお、表面張力はどういうはたらき方をするかというと、下図の上から下のように、水面を小さくしようとしてはたらきます。

なお、表面張力はどういうはたらき方をするかというと、この図の上から下のように、水面を小さくしようとしてはたらきます。

ただし、これは水が高い表面張力を持っているために起こる現象です。
水の表面張力を下げるような物質(例えば洗剤)を添加したり、または水の代わりに表面張力の低い液体を使うと、1円玉は沈んでしまいます。

引用元:http://www.face-kyowa.co.jp

 

1円硬貨の軽さは、日本人であれば誰もが知っていることでしょう。

しかし、わざわざ財布から出して浮かそうと考えたことはなかったので、

なんだか新鮮な気持ちです。

ちなみに、1円硬貨が浮かぶのは、水面にそっと置いたときのみ。

原料であるアルミは軽い金属のため、

浮力と表面張力で浮く場合がありますが、

塊にしたり勢いよく落としたりすれば、沈んでいってしまいます。

しかし、浮かぶ硬貨というのは珍しいのか、

掲示板にはさまざまなコメントが寄せられました。

・1円硬貨を作るのに、コストは額面以上だと聞いたことがある。

・日本はなぜ、そこまでして1円硬貨を作るの?

・不思議の国、ジャパン。

 

とはいえ、世界各国の硬貨には

1円硬貨よりも軽い硬貨があるかもしれません。

海外の硬貨を持っている人は、

ぜひお手持ちの1円硬貨と比べてみて、

水に浮くか試してみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です