タコって意外と頭いいんだ…軟体動物とはいえ、ここまで細い隙間を通れるとは…

こんなところを通れるとは驚き!!

タコって意外と頭いいんだ…

知らなかった!!

船から脱出しようとする、

1匹のタコの映像をご紹介します。

タコが通り抜けようと試みているのは、

船に空いたわずかな隙間。

タコの大きさからいって、

とても通れそうには思えません。

タコのオモシロ生態10

1)タコには心臓が3つある
2つの心臓が血液をエラへ送り、3つ目の心臓が臓器へと送ります。しかも、タコの血の色は青いそうです。

2)泳ぐと心臓の鼓動が止まってしまう
だから素早く泳ぐよりも、ゆっくり歩いていることのほうが多いんですね。

3)タコは古代から生息していた
世界最古のタコの化石は約3億年前のものだそうです。

4)タコはカモフラージュ能力に長けている
敵から身を守るために、瞬時に周りの環境に溶け込む能力を持っています。

5)タコは知能が高く、学習能力が優れている
他のタコがやっていることを1回見れば覚えてしまうとか。「このタコ!」など、よく悪口として使われていますが、よく考えると褒め言葉なのかも・・・。

6)タコは「道具」を使える
貝や石などを使って巣を作ったり、防御用に使用しているところを目撃されています。

7)ピンチに陥ったとき、大体のタコは墨を吐いて敵の視覚と臭覚を狂わせ、逃げ道を作る
でもタコの墨はイカ墨に比べて、うまみ成分が30分の1にも満たないとか。だからタコの墨はイカ墨のように料理に使われないのですね。

8)タコは敵に捕まると自ら足を切り離して逃げるが、足はまたあとで生えてくる
凄まじい再生力を持っています。

9)タコは噛む際に、毒のある唾液を分泌する
特にヒョウモンダコの毒は強力で、人間が噛まれると数分で命を落としてしまうことも!

10)メスのタコは10万個もの卵を産み落とすが、産卵後はすぐ死んでしまう
母が偉大なのは、どの生き物にも通じる真実です。

これからダイビングでタコに出会った際、見る目が変わりそうですね!

引用元:http://www2.padi.com

 

その結果は…。


こんなところ、通れるの!?

脚を1本ずつ隙間に通し、最後に大きな頭をスポン!

この映像に「こんなところを通れるとは驚き」

「タコって意外と頭いいんだ…知らなかった」と、

驚きのコメントが寄せられています。

軟体動物とはいえ、ここまで細い隙間を通れるとは…。

ちょっと気持ち悪いと思いつつも、

つい見てしまう動画でしたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です