サンタさんは、子どもたちだけの特別な存在ではなかった!?

このサンタさん…

困っている人がいたらすぐに手を差し伸べる…

素敵なサンタさんだ!

車に設置されたドライブレコーダーがとらえた、

驚きと優しさにあふれた光景をご紹介します。

凍った歩道でバランスをくずし、

転倒してしまった女性。

すると、その様子を見ていた運転手が、

車を止めて運転席から現れたのですが…。


サンタさんは、

子どもたちだけの特別な存在ではなかったんですね!

困っている人がいたらすぐに手を差し伸べる…

そんな『無償の愛』の形を見せてくれたサンタさん。

動画を通して、多くの人の心に『優しさ』

という名のプレゼントを届けました。

・素敵なサンタさんだ!

・現代のサンタは、移動手段を車に変えたんだね。

・このサンタは、自分に「真の優しさ」を教えてくれた。

各国での違い

イギリスではファザークリスマスと言い、緑色の(近年は赤が主流)の服を着ている。オーストラリアとニュージーランドでもファーザークリスマスと言う。

オランダではクリスマスが1シーズンに2回あり、プレゼントがもらえるのは12月6日の「聖ニコラスの日」の前日と、25日のクリスマスである。

イタリアではクリスマスが1月6日まで続き、5日に魔女が来て、良い子にお菓子を、悪い子に石炭をくれるという伝説がある。

ドイツでは、悪い子は「悪い子に罰する黒いサンタ(クネヒト・ループレヒト)」にさらわれるという言い伝えがある。しかし現在では、ドイツの子供たちは「クリスマス男」と「クリストキント」(クリスマス子)とのどちらかを信じているといわれており、どちらが持ってくるかで学校では論争があるという。なおドイツでは、サンタクロースは商業主義だとしてカトリックによるサンタクロース排撃事件があり神父たちが襲われる事件もあった。

ロシアではジェド・マロース(マロースおじいさん)が孫娘のスニェグーラチカを連れて、プレゼントを配るという風習がある。

南半球に位置するオーストラリアでは、クリスマスが夏になることから、サンタクロースは海からサーフボードで、サーフィンをしながらやって来るとされる。

引用元:https://ja.wikipedia.org

 

クリスマスは、いつもより人との距離が近くなる日、

そして、小さな優しさを改めて感じることができる日でもあります。

その素晴らしさを見せてくれた、このサンタさん。

彼のような『優しさ』は常に持ち合わせていたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です