アザラシとウミガメ2頭の心温まるやり取りは、多くの人々の心を震わせた!!

ウミガメとアザラシの姿可愛いね!

でも絡まる釣り糸…

貴重な光景が!?

カナダを拠点に活動する写真家の、

ビート・ジェイ・コーナーさん。

水中にもぐり、さまざまな珍しい生物を撮影しています。

ビートさんがInstagramに公開した、

ある1枚の写真が注目を浴びています。

抱きしめ合う2頭

公開されたのは、寄り添うようにして海中をただよう、

ウミガメとアザラシの姿。

世にも珍しいこちらの光景は、

数年前のクリスマスイブに、

ハワイのオロワルビーチ沖で撮影されたものです。

ビートさんの説明によると、この時ウミガメは、

口元から前足にかけて釣り糸が絡まっており、

頭を動かすことができなくなっていたといいます。

アザラシは、そんなウミガメを20分もの間、

かばうように抱きしめていました。

ビートさんは「こんな貴重な光景を目にするなんて、

驚いた」と語っています。

めったに見られない光景を撮影した写真に、

称賛のコメントが相次ぎました。

 

・美しい光景に、心が洗われた。

・心を通わせた友人同士なのかも。

・いままで見た中で、もっとも素晴らしい写真だ。

ウミガメの生態

ウミガメは陸に住んでいたカメが海へ進出したものです。海中で早く泳ぐために、手はヒレのようになり、甲らは水の抵抗を受け難い流線形になりました。甲らの骨は隙間が多くなり軽くなりました。この進化のためにウミガメはとても早く泳げます。しかし、卵は海の中では死んでしまうので、母ガメは産卵のために砂浜に上陸するのです。
引用元:http://www.kuroshima.org

アザラシの生態

アザラシは、鰭脚類という海生哺乳類のグループに属しており、ネコ目アザラシ科の動物です。アザラシには多くの種類がおり、体長が最大で約5.8m、体重が約5tにもなり、最小では体長約1.4m、体重約50kgと種類によって様々です。

体色は生まれたばかりは白色ですが、成長と共に灰色がかってきます。体色は生息地や季節によって変わるので、アザラシの赤ちゃんが全て白色とはなりません。

大人のアザラシも灰色だけのものもいれば、黒や白の点々模様があるものもいます。アシカなどの他の鰭脚類と比べて種が多いため、群れを作って生活する種もいれば、単独で生活する種もいたりと、種によって異なります。

引用元:http://xn--hhru84eq4a.com/chindoubutu/azarasi

アザラシは、ウミガメに絡まる釣り糸に気付き

「どうにかしてあげたい」と思ったのでしょうか。

2頭の心温まるやり取りは、多くの人々の心を震わせました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です