募金の意義を改めて教えてくれる、素晴らしいアイディアに拍手!!

募金の意義を改めて教えてくれるの?

募金箱にお金を入れると…

素晴らしいアイディアに拍手だね!!

善意で成り立つ募金。金額は関係なく、

募金をするという思いそのものを称賛するために、

台湾で始まったある取り組みが注目を集めています。

募金・義援金の形態

募金箱
日本では例えば「あしなが育英会」 「緑の募金」 「青い羽根募金」など、街頭募金がある。

「赤い羽根共同募金」では、あきかん募金箱に続いて1994年に組立式募金箱を開発した[13]。

箱という言葉がタイトルに入っている「あゆみの箱」でも5度の募金箱のリニューアルがあり、2007年からのものが6代目となっている。

他に、コンビニなどの店舗(レジ前など)に設置する形態もある[14]。セブン-イレブンの場合、通常は「みどりの基金」として行い、深刻な災害発生時には箱のステッカーを張り替え、一定期間それを対象にした義援金募金活動を実施している[15]。

金額の集計作業は規模が大きい募金ほど大変で、硬貨計算機が普及していない時代には、コインホルダー(コインカウンター)等を用いて手作業でしていたという[16](現在でもそうしている場合もある[17])。

クレジットカードや各種金融機関からの定期的な自動振替
定期的な寄付をする仕組みでは、便利に寄付ができるように自動的に毎月送金できる仕組みもある。

その他
ドラえもん募金(テレビ朝日が1999年から実施)は、指定の電話番号にかけることで、自動的に一定金額を寄付できるシステム[18]。ダイヤルQ2回線を使用した仕組みだったが同サービスは2014年2月28日で廃止された。

募金機能が付いた(清涼飲料水などの)自動販売機もある[19][20]。

ファミリーマートでは店内端末「Famiポート」で募金を指定した後、レジで支払う 方式も実現させた[14]。

引用元:https://ja.wikipedia.org

募金をすると…?

台湾のセブン-イレブンに設置されたのは、

大量の手が設置された不思議な壁。

目の前に置かれている募金箱にお金を入れると…。


ここまでたくさんの拍手を送られたら、

なんだか照れくさい気持ちにもなってしまいます!

「たとえ少額の募金でも、称賛に値する愛のある行為」

というメッセージを伝えること以外に、

募金箱の認知を広めることを目的とした、今回の取り組み。

募金の意義を改めて教えてくれる、素晴らしいアイディアですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です