愛犬のお墓に、お参りに…すると、不思議な光景に目を奪われることに…!

え?不思議なことが起きるの?

そうなんだよね~知らなかったの?

知らなかったよ~

ペットを飼っていると、いつかは胸を締め付けられる、

つらい別れがやってくるものです。

ペットのお墓、ペット供養はどうなっているのでしょう?

ペットのご遺骨を骨壷に入れたまま、ご自宅での手元供養、自宅供養もいいですが、
“家族の一員“であれば、やはり人と同じようにきちんとした場所に埋葬、

納骨してあげるほうが自然です。

ペットのお墓は、一般的にペット霊園と呼ばれる施設の
屋内型のロッカー式または棚式の納骨堂、霊座への納骨
屋外型の庭園式の個別の墓地(ペットのお墓)への埋葬
屋外型の共同墓地(合同供養塔)への埋葬
に大別されます。
このペットの納骨堂や墓地にもいろいろなタイプがあります。

また、その他のペット供養の方法として、
海や山へのペットの散骨(海洋葬、山林葬)
なども少しずつ広がってきました。また、
ペットの樹木葬、お花畑葬など
新しいペット葬儀、供養の方法もでてきました。
ペット霊園ではなく、人のお墓にペットも入れる
人とペットと一緒に入れるお墓
も最近どんどん作られています。

いろいろな方法の中から、あなたに見合ったペットのお墓、

ペット供養をお選びいただき、いとしいペットを弔ってあげてください。

引用元:http://pet-ohaka.jp/

 

2017年7月に、愛犬を亡くしたとある男性。

この日も愛犬のお墓に、お参りにやってきました。

すると、不思議な光景に目を奪われることになります。

なんと、お墓の上に、亡くしたはずの愛犬が立っていたのです!

その真相をご覧ください。


お墓に近づいてみると、その正体は一目瞭然。

しかし、遠くから見るとまるで愛犬が立っているかのような姿に、

多くの人の心が揺さぶられました。

例え錯覚だとしても、飼い主だったら心揺さぶられる光景だろうね。
自分も、この映像を観て亡くした犬を思い出してしまいました。泣いてしまいます。
飼い主さんに会いにきたのではないでしょうか。
落ち込んだ飼い主をなぐさめようとしている。優しい子ですね。

「思い出の場所を通ると涙が出る」

「大好きだったオモチャを見ると胸が苦しくなる」など、

愛するペットを失うと、筆舌に尽くしがたいつらさに襲われるものです。

犬の姿に見えたのは偶然だったのかもしれませんが、

その姿が少しでも飼い主さんの心をなぐさめてくれていたら嬉しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です